学校向け 学習プログラム



博物館の中で提供できるサービス

展示見学・学習プランのご案内

  • きづき・きっかけ学習プラン

    学校で取り組む学習の第1歩としてきっかけづくり、動機づけを目的として観覧したい

    「体験コーナーをまわってみよう」
    ワークシートを利用しながら、体験展示を中心に見学する学習プラン

    マークをみつけよう
    ゾーン1、ゾーン2の21カ所に設置された「ここチェック!」マークを、ワークシートを利用しながら探し、総合展示全体を見学するプラン
  • たしかめ学習プラン

    学校で取り組んだ学習を、さらに深めたい
    学年単位、班単位で、具体的な学習テーマをもって見学したい



「体験コーナーをまわってみよう」の見学サンプル(10人程度、1時間)

ガイダンス(10分)
→(1)体験コーナー「体感!生まれてくることってスゴイ!」(15分)
→(2)いろんな衣装を着てみよう(15分)
→(3)高齢者体験・ユニバーサルデザインにふれてみよう(15分)

※各体験コーナーの利用時間はあくまで目安です。人数、当日の混雑具合により異なります。

体験コーナー「体感!生まれてくることってスゴイ!!」

体験コーナー「体感!生まれてくることってスゴイ!!」。
新生児の人形を抱いたり、「生まれなおし」体験ができるコーナーです。

体験コーナー「高齢者体験・ユニバーサルデザインにふれてみよう」

体験コーナー「高齢者体験・ユニバーサルデザインにふれてみよう」。
高齢者の身体の状態を疑似体験できるキットを身につけたり、ユニバーサルデザインに基づいて開発された、さまざまな製品にふれることができます

体験コーナー「いろんな衣装を着てみよう」

体験コーナー「いろんな衣装を着てみよう」。
在日コリアン、ウチナーンチュ、アイヌ民族など、日本社会と関係が深い、さまざまな民族や地域の伝統衣装を着ることができます。記念撮影もOK!

 
「ここチェック!マークをみつけよう」の見学サンプル(10人程度、1時間)

ガイダンス(10分)
→(1)ゾーン1「いのち・輝き編」(20分)
→(2)ゾーン2「共に生きる・社会をつくる~民族編~」(20分)
→(3)ゾーン2「ハンセン病回復者・障害者・ホームレス編」(20分)
→(4)ゾーン2「郷土おおさかの生活・文化・歴史・地域社会と被差別部落編」(20分)

ワークシート「ここチェック!マークをみつけよう」は、次の4種類があります。
各ワークシートにとりくむには、20分程度が必要です。見学時間に応じて、組み合わせてください。

  • ゾーン1「いのち・輝き」編
  • ゾーン2「共に生きる・社会をつくる~民族編~」
  • ゾーン2「共に生きる・社会をつくる~ハンセン病回復者・障害者・ホームレス編」
  • ゾーン2「共に生きる・社会をつくる~郷土おおさかの生活・文化・歴史・地域社会と被差別部落編」


「ここチェック!」マーク

「ここチェック!」マークは、ケースの中の資料、壁面の資料、壁面のパネル、計21カ所にあります。
それぞれのテーマを理解するうえでの、みどころ、おすすめ資料やパネルを厳選して貼り付けています。

     

↑上へ

展示見学の具体例

せっかくの展示見学です。人数、滞在時間、学習目的などに応じて最適なサービスを活用すれば、より効果的な人権学習の時間とすることができます。

スターティングガイド
展示見学前のスターティングガイド(無料)は、見学に向けた児童・生徒のみなさんの気持ちをもりあげます
体験コーナー「探そう!暮らしの中の牛」
「何が入っているのかな?」
児童・生徒の皆さんの好奇心をかきたてる、工夫がいっぱいの展示室です(写真は、体験コーナー「探そう!暮らしの中の牛」)

 

↑上へ

ワークシート

展示観覧をサポートするワークシートを無償で提供しています。ダウンロードして来館時にご活用ください。

体験コーナーをまわってみよう!!
(PDF:128KB)
「ここチェック!」マークをみつけよう
(PDF:1.39MB)

被差別部落について学ぼう!!
(PDF:126KB)
在日コリアンについて学ぼう!!
(PDF:298KB)

沖縄について学ぼう!!
(PDF:467KB)
アイヌ民族について学ぼう!!
(PDF:135KB)

障害者問題について学ぼう!!
(PDF:151KB)
ホームレス問題を考えよう!!
(PDF:116KB)

ハンセン病について学ぼう!!
(PDF:156KB)
HIV/AIDS問題を考えよう!!
(PDF:229KB)

性と家族を考える
(PDF:602KB)
「総合版」
(PDF:3.69MB)
体験コーナーみつけよう!!
くらしのなかの牛
(PDF:82KB)

※随時、内容を改定します。最新のものをご利用ください。
※ファイル容量にご注意ください。ダウンロードに時間がかかります。

↑上へ

教員向けしおり・子ども向け観覧のしおり

総合展示の概要、教育サービスの内容などをまとめたしおりとなっています。見学時にご活用ください。
枚数が多く、ダウンロードに時間がかかりますがご了承ください。

教員向けしおり(PDF)
12.2MB(32ページ)
子どもむけ観覧のしおり(PDF)
1.22MB(2ページ)

※随時、内容を改定します。最新のものをご利用ください。
※ファイル容量にご注意ください。ダウンロードに時間がかかります。

↑上へ

下見について

事前に下見来館のご予約をいただき、打ち合わせのためにご来館いただく場合、3名様まで入館料が無料になります。
下見来館される前日までのご予約が必要です。

↑上へ

昼食場所について

リバティおおさかでは、昼食場所を提供しております。

  • ご利用は1団体1時間以内(入場、片付け時間を含む)でお願いします。
  • 事前の予約が必要です。
  • 他の団体・個人のお客様と、ご一緒に利用していただく場合があります。ご了承ください。


中庭

◆中庭(300人程度)無料

  • 敷物等をご用意ください。
  • 雨天時はご使用になれない場合があります。

天気の良い日、中庭で食べるお弁当は格別の味!

ホワイエ

◆ホワイエ(150人程度)無料

  • ホールロビーです。定員分の椅子はありません。
  • 定員は、レジャーシート等を用いて、床に座っていただいた場合のものです。

あの、黒田征太郎画伯の壁画が描かれた、明るい空間!レジャーシートなどを使い、床に直接座れば、大人数での利用が可能です。

研修室

◆研修室1(定員40人)有料

◆研修室2(定員72人)有料

◆研修室3(定員12人)有料

◆研修室4(定員16人)有料

※写真は研修室2(定員72人)

研修室のご利用案内はコチラ

↑上へ

駐車場について

リバティおおさかでは、大型バスから普通乗用車までご利用可能な駐車場を、無料でお使いいただけます。

駐車場1

◆駐車場(1)

リバティホール横の駐車スペース
乗用車12台駐車可能です。

駐車場2

◆駐車場(2)

通用口横の駐車スペース
乗用車8台駐車可能です。

※大型バスを駐車する場合は台数に限りがあります。お近くの長堀駐車場(有料)をご利用ください。

<利用予約先>
大阪市 長堀バス駐車場管理事務所
電話:06-6537-6100
予約申し込みFAX:06-6537-6101

↑上へ

博物館の外で提供できるサービス

フィールドワークのご案内

差別・人権に関わる問題の理解を深めるため、展示と関連した地域を学芸員が解説しながら歩きます。座学や展示室の観覧では味わえない、差別・人権問題を実体験しませんか?
詳しくはこちら

↑上へ

1日校外学習プラン

もっと学べる、もっと楽しめる1日校外学習プラン
リバティおおさか観覧と組み合わせることができる8コース

  • リバティでの学習をもっと深めたい!しっかり学習フィールドワークコース

    太鼓屋又兵衛屋敷跡(玉姫公園)
    太鼓屋又兵衛屋敷跡(玉姫公園)
    (1)「人権・太鼓ロード」FWコース

    10:00 リバティ観覧 
    12:00 昼食
    13:00 人権・太鼓ロードFW
      浪速神社→海の玄関口→琴江橋跡→新田帯革工場跡→太鼓屋又兵衛屋敷跡 など
      リバティスタッフがFWを案内することもできます(有料:詳しくはこちら
    14:30 FW終了・学校へむけて出発

     
    生野コリアタウン
    生野コリアタウン
    (2)「生野コリアタウン」FWコース

    10:00 リバティ観覧 
    11:30 コリアタウンへ移動(バス・JRいずれも40分程度)
    12:00 昼食 ※現地ではチヂミ、キムチなどの料理をテイクアウトすることができます。お弁当にプラスして食べるのもgood
    13:00 コリアタウンFW・散策  御幸森神社→つるのはし跡→平野川 など
    14:30 FW終了・学校へむけて出発

    サンクス平尾
    サンクス平尾
    (3)「大正区・リトル沖縄」FWコース

    10:00 リバティ観覧
    12:00 昼食
    13:00 落合上渡船場(西成区北津守3)まで移動
    13:20 渡し船 ※無料で乗船できる渡し船です。
    13:00 落合上渡船場(大正区千島 1-29-41)着・大正区FW
      千島公園(昭和山)→平尾商店街(サンクス平尾)
    14:30 FW終了・学校へむけて出発
      ※大阪市営バス「平尾」バス停よりJR大阪環状線「大正」駅まで約10分



  • しっかり勉強した後は、思い切り遊ばせたい!お楽しみ遠足コース

    (4)海遊館・天保山公園
    □海遊館 (大阪市港区海岸通 1) 06-6576-5501
    http://www.kaiyukan.com/
    □天保山公園 (大阪市港区築港 3)
    言わずとしれた世界最大級の水族館・海遊館は、遠足コースの定番です。近くの天保山公園は、日本一低い山(4.53m)の周辺に整備された公園。お弁当を食べたりすることもできます。
    (5)八幡屋公園
    (大阪市港区田中)
    http://www.yahataya-park.jp/news/index.html
    大阪市中央体育館と大阪プールにはさまれた芝生広場には木製遊具やアスレチックがあり、遊ぶことができます。お弁当を食べることもできます。
    (6)京セラドーム大阪
    (大阪市西区千代崎) 06-6586-0106
    http://www.kyoceradome-osaka.jp/
    ユニークな外観が特徴の屋内スポーツ施設。プロ野球・オリックスバファローズの本拠地で、事前の申し込みでブルペンや選手ロッカールームなど普段入れないドームの裏側を見学できます。
    (7)天王寺動物園
    (大阪市天王寺区茶臼山町 1-108) 06-6771-8401
    http://www.jazga.or.jp/tennoji/
    90年近い歴史をもつ、日本で3番目にできた動物園。工夫の凝らされた生態展示は迫力満点。隣接する天王寺公園ではお弁当を食べることもできます。